脱毛にはどんな方法がある?脱毛の種類を大公開!メリットデメリットある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

脱毛できる種類の比較!メリット・デメリットで解説


いろいろな脱毛の費用と効果の関係について

 

投資費用が高いだけ効果が高いです

 

¥費 用¥

☆効 果☆

セルフ

処理

脱毛剤

脱毛器

サロン

クリニック

セルフで処理した方が一番費用がかかりません。ただ、数日後にはまた生えてきます。部位や季節によって違いはありますが、毎日毛の処理をしている方もいます。
脱毛サロンやクリニックでは費用がセルフ処理よりもたくさんかかります。ただ、始めセルフで処理も並行して行いますが10回くらいの脱毛からほとんど自分で処理をしなくても気にならなくなります。
また、昔よりも脱毛技術が発展しているため、脱毛の施術時間が短縮されコストもどんどんリーズナブルになってきています。痛みに関してもそれぞれのサロンやクリニックで対策をしていますので安心して受けられる方が多くなってきています。

 

 


脱毛方法の種類とメリットデメリットについて

 

かみそり・毛抜き

メリット

 

好きな時間にできる

費用が少ない

 

デメリット

 

一生自己処理をしなければならない

カミソリ負け、色素沈着、乾燥、埋もれ毛など肌トラブルのリスクが大きい

 

脱毛剤(クリーム・ワックスなど)

メリット

 

好きな時間にできる

使用後は肌触りがザラザラしにくい

 

デメリット

 

一生自己処理をしなければならない

毛を溶かす強い薬剤の為肌に負担が大きい

薬剤強いニオイがする

 

脱毛機

メリット

 

好きな時間にできる

使用後は肌触りがザラザラしにくい

だんだん自己処理しない期間が長くなる

 

デメリット

 

自己施術のためムラができやすいし、手の届く場所が限られる

機械音が大きい

出力がかなり弱いため時間がかかる

 

 

脱毛サロン 

 

サロン比較サイトに移動

 

メリット

 

寝ていれば専門スタッフが全てやってくれる

剃り残しやムラがない

出力が弱いため痛みが少ない

店舗数が多いため通いやすい

 

デメリット

 

まとまった費用がかかる

予定を合わせなければならない

店舗に通わなければない

 

脱毛クリニック

メリット

 

寝ていれば医師がやってくれる

剃り残しやムラがない

出力が高いため効果が早い

肌トラブルが起きた時にもすぐ対応

 

デメリット

 

まとまった費用がかかる

予定を合わせなければならない

店舗に通わなければない

出力が高いため痛みが強い

店舗が少ないので通える方が限られる

 

 

 


 
比較 ランキング 銀座カラー KIREIMO シースリー コロリー Dione エステタイム RAYVIS iCELL ミュゼ Pulito 記事一覧

このページの先頭へ